「青葉印刷の名刺のこと」

トップページ「青葉印刷の名刺のこと」...

青葉印刷の名刺のこと

制作部全員がデザインを出し合って社内コンペを行ったところ、阿部くんがデザインした名刺が社内(特に営業部)で断トツの一番人気に輝きました。
制作部浅野が後輩の阿部くんを徹底取材します!

対談シーン

まずはおめでとうございます!
ありがとうございます!
結果を聞いた時まずどう思った?
まさか僕のものに決まるとは思わなかった訳ですよ。
またまた〜…謙遜しちゃって!
いやしてないですよ。
そうなん?
だって「これは無いわ」とか「なんなんこれ」みたいな声も聞いたし…。
……
……あ、ヘコんでる?
ソンナコトナイデスヨ……
(なんだこいつ)
…まぁ採用されたからいいんじゃない?
めんどくさいので早速質問していきますね!
…めんどくさがられた事実は置いといてよろしくお願いします!
まず、阿部くんが思う「名刺で大事なこと」ってなんだと思いますか?
うーん…。
どんな印刷物でもそれを使う「目的」があると思うんですよ。
名刺を使うに当たっての「目的」は、自分なり会社なりを「相手に覚えてもらう」ことです。
それはまぁ当たり前ですよね(笑)

でも、それよりも「渡し方」だったり、渡す時に「どんな会話をするのか」なんかが、
目的の「相手に覚えてもらう」ことを達成する上で一番大事だと思います。

印刷物でもそれを使う「目的」

名刺自体より相手との会話の方が大事?
そう思います。
実際、こんな紙切れ1枚だけじゃ、自分と会社のことが伝わるワケが無いと思ってます。
おい!(笑)
印刷屋のデザイナーが言ったらダメなやつかもしれないですけどね!(笑)
そうだよね!でも言ったね!言っちゃったね!先輩いろいろ恐ろしくなってきちゃったよ!
ちがうちがう!続き聞いて下さい!
だからといって名刺がいらないとかじゃないんです。
もちろん紙に印刷した媒体として、こっちの情報を相手の元に残せるわけですから、大いに意味はあります。
だよね!びっくりさせるんじゃないわよ本当に。
(笑)
会話とか渡し方なんかの方が大事って言った意味は、
名刺って結局、相手と顔を合わせて直接手渡しするじゃないですか。
そうだね。
その時に、例えば内容に面白いことだとか「なにこれ?」みたいな事が書いてあると、相手が興味を持って聞いてきてくれたりする事があるんですよ。
それが話のタネになって会話に入りやすくなったりする。
まぁ最初の「つかみ」みたいなもんですね。

実際、「興味があること」だとか「面白いこと」の方が印象に残りやすいですよね。
だから、普通に名刺交換するよりも、覚えてもらう確率が上がると思うんです。
印象に残れば、後でまた見返して思い出してもらえることもあると思うし。

しかも名刺って、よっぽどじゃない限り「必ず」と言っていいほど受け取ってもらえますよね。
これはかなり大きいメリットだと思います。
だから名刺は自分や会社を「覚えてもらう確率を上げる」ための「自己PR補助ツール」だと思います。

「覚えてもらう確率を上げる」ための「自己PR補助ツール」だと思います。

ほ〜!なるほどね。
じゃあ次は、今回採用された青葉印刷の名刺の事を聞きます。
はい。
コンセプトは『「個」を前面に押し出す名刺』となってたけど?
それね(笑)
コンセプトって言ったら大変お粗末な仕上がりですけどね(笑)
たしかに(笑)
でもなんでそれにしたかっていうと…
青葉印刷ってパンチの効いた営業さん多いじゃないですか(笑)
…まぁそうですね(笑)
この「お役立ち情報」にあなたと一緒に頻繁に登場する
営業の虫明さんなんか特にね!
営業の虫明
↑ この人 ↑
そうそう(笑)
それをどんどんアピールしていきたいなと思ったんですよ。
なるほどね。わかりました!
ありがとうございます!

じゃあ今回はこれぐらいにして…
次回は実際にデザインした名刺を見ながら、また質問させていただきます!

はい!よろしくお願いします!
以上!制作部浅野でした!

「青葉印刷の名刺のこと その2」はこちら

お問合せ/ご相談

その他印刷物も疑問点やご相談等
お気軽にお問い合わせください!

ご要望であればお電話一本で営業マンが駆けつけます。

FAX. 06-6351-5299
MAIL. info@aoba.co.jp
受付時間|9:00〜18:00(土日祝除く)
メール・FAXは24時間受付
いつでも御連絡ください!

お問合せフォーム

当社の個人情報の取り扱いについてに同意する

当社はお客様の個人情報保護・管理を適切に行っている企業として、プライバシーマークの使用許諾を受けています。
個人情報保護方針