小規模持続化補助金申請サポート小規模持続化補助金申請サポート

学習塾チラシの即ゴミ箱行きを阻止する方法があるってホント!?

トップページ学習塾チラシの即ゴミ箱行きを阻止...

せっかく作成したチラシを“即ゴミ箱行き”にされては困りますよね?
お客様はチラシを見て、1秒以内に「読む」or「捨てる」を判断しています。
そのため、ファーストインプレッションの段階で心を掴んでいなければ、あえなくゴミ箱の紙くずに…。
 
チラシを作成する前にやるべきことは・・・
 
「誰に」「何を」伝えるための広告なのか?の確認。
誰に何を
学生募集の塾チラシの場合には、保護者の心を掴んで離さないキャッチコピーが必要です。ターゲットにとって見逃せない情報が含まれるキャッチコピーを作るには、3つのポイントがあります。

●1.成功体験を伝える
保護者にとって欲しい情報は、この塾に入ることで自分の子どもにどのような有益なことが起きるのか?という点。そこで「わずか○ヶ月で、偏差値が○から○に!」など、保護者が無視できないサービス効果を謳うことで、チラシを持つ手が止まります。

●2.ターゲットを絞り込む
より多くの人に読んで欲しい!とあれもこれもと欲を出し過ぎてしまえば、結局誰にも響かないチラシになってしまいます。「○○学区のお父様、お母様へ」などエリアを絞ることや、「偏差値○前後の公立高校に入れたい」など、より具体的に明記することで「私のことだ!」という心理状態にさせることができます。

ターゲットを絞り込む

●3.情報を盛り込み過ぎない
大前提として、お客様は広告に目を通してくれないものだと肝に銘じておきましょう。紙切れに文字がギュウギュウに羅列されているような広告は、読むのが面倒でゴミ箱への距離がさらに縮まります。
 
ではどうすれば読んでもらえるのでしょうか?
 
“紙面の3分の1以上をキャッチコピーにしておき、パッと見た段階で大体の内容が把握できるようにしておくこと!”
目安としては3m先からでもコピーの内容が一瞬で理解できるくらいが理想です。
遠くからみてもわかるように作る

お問合せ/ご相談

その他印刷物も疑問点やご相談等
お気軽にお問い合わせください!

ご要望であればお電話一本で営業マンが駆けつけます。

06-6351-5428
FAX. 06-6351-5299
MAIL. info@aoba.co.jp
受付時間|9:00〜18:00(土日祝除く)
メール・FAXは24時間受付
いつでも御連絡ください!

お問合せフォーム

送信内容を確認