小規模持続化補助金申請サポート小規模持続化補助金申請サポート

close

光の当て方で写真の伝え方も変わる

トップページ光の当て方で写真の伝え方も変わる...

【写真が持つ印象はライティングに左右される】

 

 

撮影の時にまず考える大切な事は、写真のシーンを考える事です。

この写真はこういうものに使用するからこう撮ろう、とした時に必ず光の当て方を選ぶ所から始まります。

シーンを考えずに撮影を始めてしまっては、思い通りのものに仕上げるのは難しくなります。

 

 

●順光

もっとも馴染み深いのが、

正面から当たる光の「順光」です。

もっとも色鮮やかに、形もくっきりと描写されます。

フラッシュ内蔵型カメラや、スマートフォンカメラの光はたいていこの光になります。

ただ、立体感に乏しく、ごく普通になるため、印象の浅い写真になるケースが多いです。

 

 

●逆光

インパクト重視でドラマティックな仕上がりになる背面からの光の当て方が「逆光」です。

格闘家のポスターやファション雑誌などでカッコよかったり、おしゃれな印象の写真はたいていこの光の当て方がベースになっています。

欠点としては、見た目のインパクト全振りのような写真が多く、商品情報を伝える為の写真には不向きというところです。

 

 

●半逆光

背面からのメイン光に側面または、やや前面よりからの光を当てて撮影します。

色味や情報も損なう事なく、とても立体的に仕上がるので、もっとも無難なライティングです。

商品撮影をはじめ多くの場面で活躍するポピュラーな撮影方法です。

特に、料理の撮影ではシズル感・質感がもっとも強く出るため、主力になる撮影方法です。

 

 

 

 

青葉印刷は撮影の他にも画像処理技術などを駆使してお客様の商品に魅力アップに貢献いたします。

是非一度、青葉印刷へご相談ください。

【写真撮影・加工】

写真撮影・加工でお困りでしたら青葉印刷にお任せください!

お問合せ/ご相談

その他印刷物も疑問点やご相談等
お気軽にお問い合わせください!

ご要望であればお電話一本で営業マンが駆けつけます。

06-6351-5428
FAX. 06-6351-5299
MAIL. info@aoba.co.jp
受付時間|9:00〜18:00(土日祝除く)
メール・FAXは24時間受付
いつでも御連絡ください!

    お問合せフォーム

    メール電話どちらでも良い

    送信内容を確認