小規模持続化補助金申請サポート小規模持続化補助金申請サポート

第一回 覚えておいて損はない!印刷データのお役立ち情報

トップページ第一回 覚えておいて損はない!印...

「以前他社で制作したチラシデザインを自分で修正しそのまま使いたい」
「データはもう完成してるから印刷だけして」

というお客様は数多くいらっしゃいますが、印刷を依頼する際

 

「トンボ」「塗り足し」「スミベタ/リッチブラック」

 

このような単語を目にしたことはありませんか?

一般的には馴染みはないものの、お客様ご自身で印刷データを
作成・入稿される際覚えておいて損はない言葉ですので簡単に解説したいと思います。

 

■トンボとは
印刷後、希望の仕上がりサイズにカット(断裁)する時や
カラーで印刷する時の位置合わせ(見当合せ)のためにつける目印のことです。

■塗り足しとは
印刷データを作る時、希望の仕上がりサイズから上下左右に3mmずつ
余分はみ出してデータを作ります。その部分を塗り足しと呼びます。

 

 

◯塗り足しが必要な理由

フチなしで印刷する場合、印刷後まとめて断裁します。
紙面のフチまで写真や色がくるようにデザインされたものは仕上がりサイズギリギリまでしか写真や色が無いと、わずかにズレただけで意図せず白い部分が出てしまいます。
それを防ぐため、印刷データを仕上がりサイズから上下左右3mmずつ余分に作ります。

 

白フチあり印刷の場合、「塗り足し」はあまり気にする必要ありません。

※トンボは必ず必要です!

 

意外と忘れがちだったり、必要な画像や文字が切れていることに
気が付かなかったりするので可能であれば一度作ったものを
トンボを含めてプリントアウトしてみて確認すると気づきやすいでしょう。

また、これと同時に「切れてはいけない文字や写真」は、
仕上がりサイズより上下左右3mm内側に入れておきましょう!
こちらも塗り足しの理由と同じで、
多少のズレでも文字が切れてしまう場合があるからです。

 

次回は、「CMYK」「スミベタ/リッチブラック」について解説します!

【第二回 覚えておいて損はない!印刷データのお役立ち情報】

 

データ入稿の詳細はこちらをご覧ください!

お問合せ/ご相談

その他印刷物も疑問点やご相談等
お気軽にお問い合わせください!

ご要望であればお電話一本で営業マンが駆けつけます。

06-6351-5428
FAX. 06-6351-5299
MAIL. info@aoba.co.jp
受付時間|9:00〜18:00(土日祝除く)
メール・FAXは24時間受付
いつでも御連絡ください!

お問合せフォーム

送信内容を確認