カレンダー販売のご案内

チラシ、パンフレット、WEBコンテンツに漫画はどう使う?

トップページチラシ、パンフレット、WEBコン...

最近は、商品を宣伝するときに漫画を使うことが多くなっています。なぜなら、文が羅列してあるチラシやパンフレットなどよりも漫画の方が入り込みやすいからです。普段からあまり文章を読んでいない人でも、漫画ならば入り込みやすくしかも感情移入することができる可能性が高くなるでしょう。

漫画ならば入り込みやすくしかも感情移入することができる可能性が高くなる

では、チラシの例としてどのようなものがよいかといえば基本的に短めの漫画にする必要があります。なぜ短めがよいかといえば、チラシを見る人はじっくりと読まずわずかな時間で読むかどうかをきめてしまうからです。長い漫画の場合には読む気がなくなり、ごみ箱に捨てられてしまうでしょう。男性に向けて商品やサービスを提供したいと考えているならば、かわいい女の子が出てくる漫画などを使うことで目を引くことが可能になります。最近はやっているかわいい女の子の漫画などを研究すると良いです。

最近はやっているかわいい女の子の漫画などを研究すると良い

パンフレットの例をみると、パンフレットは自宅のポストに入ったチラシと異なりすでに商品を買ったりサービスを利用する気持のある人が見るものですのでじっくりと一覧できるように多少時間がかかる内容の漫画でも問題ないと考えるべきです。むしろある程度長くしており内容をしっかり伝えた方がパンフレットとしての役割を果たすことができます。

 

 

 

最後に、WEBコンテンツの例になりますがこれはチラシの場合とパンフレットの場合のちょうど中間的な役割を果たすものです。チラシとしての役割がある一方で、パンフレットとしての役割もあります。人によってどちらに傾くかが変わってくるわけです。

 

ターゲットに合わせて漫画を作る

この場合どちらにしたらよいかといえば、どのようなお客さんを狙うかによって変わってくるところになります。最初からある程度ターゲットを絞り込んでウェブで展開している場合にはパンフレット形式のものを利用すると良いです。ですが、多くの人に読んでもらいそれほど興味のない人に興味を持たせるためにはチラシ形式のものを用いるのがよいでしょう。

WEBコンテンツの例になりますがこれはチラシの場合とパンフレットの場合のちょうど中間的な役割を果たすものです

 

 

 

 

 

 

 

よく一緒に読まれている記事

お問合せ/ご相談

その他印刷物も疑問点やご相談等
お気軽にお問い合わせください!

ご要望であればお電話一本で営業マンが駆けつけます。

06-6351-5428
FAX. 06-6351-5299
MAIL. info@aoba.co.jp
受付時間|9:00〜18:00(土日祝除く)
メール・FAXは24時間受付
いつでも御連絡ください!

お問合せフォーム

当社の個人情報の取り扱いについてに同意する

当社はお客様の個人情報保護・管理を適切に行っている企業として、プライバシーマークの使用許諾を受けています。
個人情報保護方針