欲しがらせる魔法のテクニック

トップページ欲しがらせる魔法のテクニック...

欲しがらせる魔法のテクニック

 

どんなに苦労をして完成させた商品でも、お客様に「欲しい」と思ってもらえなければ売れません。どうすれば商品を手に取にとってもらえるのか?テクニックをご紹介します。

 

■ホンモノの見分け方

よくテレビ番組などで「甘いスイカ」や「脂の乗ったさんま」の見分け方講座を放送していますよね?それを見た視聴者は、ここぞとばかりにスーパーに行き、実際に確かめてみたくなるもの。

そこでチラシやHPの情報コラムを通じて、こうしたお客様にとって得をする情報を上手に発信していくのです。店頭にあるPOPでも同様の効果は期待できます。

情報を上手に発信

 

■良さを伝えて「価値」を上乗せ

買い物とは本来楽しい時間です。どうせ買い物をするのであれば、良いものを楽しい気分で買いたいもの。それらを演出できるのが、私たち売り手側に立つお店の特権です。

 

商品やサービスを良く見せることは、お客様にとってのメリットだけではありません。

 

たとえば

「当店一押し!究極のとんこつラーメン750円」

というメニューがあったとします。

 

ビックリマークこそついているものの、あまり良さは伝わってきません。

 

これを

「苦節5年…ようやく辿り着いた極上スープ。一度食べたらやみつき“とんこつラーメン”」

にしてみるとどうでしょう?

期待感が高まり、食べてみたくなりますよね。

期待感が高まる

 

しかも950円に値上げしても良いくらいです。

そちらの方が、付加価値が感じられて、むしろ人気が出るかもしれません。

 

商品を上手に演出することで、お店側にとっても大きなメリットがあります。

「良いものだから売れる」のではなく「良いと思わせたから売れる」のです。少しの工夫で、たくさんの人に商品やサービスを手に取ってもらえる“演出”ができるようになりますよ。

 

お問合せ/ご相談

その他印刷物も疑問点やご相談等
お気軽にお問い合わせください!

ご要望であればお電話一本で営業マンが駆けつけます。

06-6351-5428
FAX. 06-6351-5299
MAIL. info@aoba.co.jp
受付時間|9:00〜18:00(土日祝除く)
メール・FAXは24時間受付
いつでも御連絡ください!

お問合せフォーム

当社の個人情報の取り扱いについてに同意する

当社はお客様の個人情報保護・管理を適切に行っている企業として、プライバシーマークの使用許諾を受けています。
個人情報保護方針