小規模持続化補助金申請サポート小規模持続化補助金申請サポート

「お願い営業」は卒業しませんか?

トップページ「お願い営業」は卒業しませんか?...

クライアントに営業をするとき、無意識のうちに「どうか当社を使ってください」とお願い姿勢になっていませんか?何も“横柄な態度をとるべき”と言っているわけではなく、お願い営業を辞めることで、問い合わせ数を気持ちよく増やすことが、できるかもしれません。

「お願い営業」は卒業しませんか?

■いいことなしの「お願い営業」

取引先にお願いをした時点で、取引先が「上」、自分の会社が「下」という上下関係が生まれてしまいます。つまり、下に見られているのです。これは取引先が悪いのではなく、あなたがお願い営業をしたことで、築いてしまった関係性です。

 

このことは、後々どう影響してくるのか?

 

「少しだけ話を聞いてください」とお願いをすると「話を聞いてやった」という感情が生まれます。そのため、あなたの会社の商品やサービスが、どんなに優れていても、「買ってやった」という相手側の気持ちが生まれてしまいます。感謝されるべきところで、なぜか恩着せがましく思われてしまうのです。

恩着せがましく思われてしまう

 

■「お願いされる営業」の仕方とは

お願い営業を卒業するための方法の一つとして、情報発信があります。会社のブログなどを使って、お客様が欲しい情報を発信していきます。

 

その道のプロであるあなたの会社が発信する情報を読み、「もう少し詳しく話が聞きたいのですが…」という問い合わせが、来るようになります。もちろん即効性が期待できるものではありませんが、じわじわとした結果が望める方法です。

じわじわとした結果が望める方法

御社の営業スタッフが気持ちよく仕事をするためにも、これを機会に、お願い営業を卒業しませんか?

お願い営業を卒業しませんか?

お問合せ/ご相談

その他印刷物も疑問点やご相談等
お気軽にお問い合わせください!

ご要望であればお電話一本で営業マンが駆けつけます。

06-6351-5428
FAX. 06-6351-5299
MAIL. info@aoba.co.jp
受付時間|9:00〜18:00(土日祝除く)
メール・FAXは24時間受付
いつでも御連絡ください!

お問合せフォーム

送信内容を確認