小規模持続化補助金申請サポート小規模持続化補助金申請サポート

close

思わず開けちゃう!メルマガの作り方

トップページ思わず開けちゃう!メルマガの作り...

メルマガ

消費者のもとには、日々大量のメルマガやDMが届きます。

そのため、読者はすべてを開封しているわけではありません。

 

そう言われても、時間もないのに、メルマガにまで手が回らない…

そんな忙しい御社でも大丈夫!

 

読者が最初にチェックするのは「差出人」&「件名」だけなのです。

 

 

■雑な題名は絶対にNG!

 

件名:\ おめでとうございます!祝・ご当選~ /

心を掴むもの

 

たまに見かける、この類のメール。

 

そうです。

迷惑以外の何物でもない、正真正銘の迷惑メールです。

 

「おいおい」という突っ込みどころ満載の迷惑メールも多く、逆に面白い時もありますよね。しかし、、、そのせいで、ウィルスメールやスパムメールの被害に合わないように、と読者の警戒心は増してます。

 

また、受け取る側にとっては、上記のような明らかな迷惑メールも、自分には関係がないのに頻繁に送り付けられてくる普通のメールも、迷惑は迷惑なのです。

 

「不要だ」「迷惑だ」と思われてしまえば?

―――即!配信停止の申請が行われます。

 

そのためにも、件名は特に重要になります。「内容が分かれば良い」などの感覚ではなく、読者を惹きつける、心を掴むものとして捉えましょう。

 

「言い回しを変える」だけで開封率がUP

タイトルを磨いたことで、開封率が3%もUPしたクライアントさんがいます。開封率が上がったことで、購入率は1.8倍もの右肩上がり!

「言い回しを変える」だけで開封率がUP

 

「件名」にこそ、送り手である企業の個性が現れます。読者が思わず開けてしまう“キラーワード”を含むことが、特に有効です!そして、企業のコンセプトやターゲット層に響くテイストに、言い方を整える努力も必要になってきます。

 

ただし、ここで注意して欲しいのが、キラーワードは“ここぞ”という時にしか使用しないこと。使い過ぎることで、すぐに飽きられてしまいます。

 

具体的にはどうすればいいの?

では、読む気なんてなかったのに、あれよあれよ、と開いてしまった…

そんな「件名」のポイントを解説します。

 

1 鮮度をアピール!

1●鮮度をアピール!

 

OK:まもなくタイムセールSTARTです!

NG:キャンペーン始まってます!

 

フェイスブックやツイッターなどのSNSが増えているため、メルマガは古い情報…というイメージがあります。そこで緊急性を持たせ、鮮度高いことをアピールします。ここで重要なのは、過去形の表現を使用しないことです。

 

2 お得感をにじみ出す!

2 お得感をにじみ出す!

 

OK:メルマガ会員様限定!全商品20%オフ!

NG:キャンペーン実施中!

 

件名を見た時、どちらがワクワクしますか?メルマガにお得な情報があるのは当たり前です。タイトルには、割引率や日程、レア感のある商品入荷のお知らせなど、「滅多にGETできない」「今だけ安い」を感じさせる内容にします。

 

3 自分だからこそ送られてきた!

3 自分だからこそ送られてきた!

 

OK:〇〇様、お誕生日おめでとうございます

NG:(女性に対して)薄毛対策に!

(男性に対して)デコルテ美人になっちゃいませんか?

 

「はいはい、一斉送信ですね」感が、にじみ出ていてはいけません。私だから送られてきた、と思わせることができれば、メールの開封率はぐんとUPします。

 

今回はメルマガの例でしたが、DMやその他の販促ツールなど、青葉印刷ではあらゆるジャンルを取り扱っています。弊社と一緒になって、せっかくの販促の機会を楽しみませんか?

販促の機会を楽しみませんか?

お問合せ/ご相談

その他印刷物も疑問点やご相談等
お気軽にお問い合わせください!

ご要望であればお電話一本で営業マンが駆けつけます。

06-6351-5428
FAX. 06-6351-5299
MAIL. info@aoba.co.jp
受付時間|9:00〜18:00(土日祝除く)
メール・FAXは24時間受付
いつでも御連絡ください!

    お問合せフォーム

    メール電話どちらでも良い

    送信内容を確認