リフォームしたい人の悩みを言い当てる!

トップページリフォームしたい人の悩みを言い当...

リフォーム会社がチラシを打つ際、最も意識をして欲しいのは、読み手の悩みを言い当てることにあります。

逆にいえば、「そうそう」「それで困ってるの」という共感を引き出すことができなければ、先を読んでもらえる確率が、大きく下がってしまうのです。

こんなことでお困りではありませんか?

読み手への問いかけは、特に有効な手段です。

お客様のお悩み

お客様の悩みは…

・浴室が寒い

・掃除がしづらい

・床が滑りやすい など、ピンポイントなもの。

そこで「~でお困りではないですか?」と悩みを言い当てることで、見込み客の心を掴み、揺さぶることに成功します。

見込み客の心を掴み、揺さぶる

リサーチは入念に!

読み手の共感を得るためには、心の中にある「真の悩み」を言い当てることが必須になります。そのためリサーチなしで、当てずっぽうに発信をしてしまえば、読まれない広告に成り下がってしまいます。

そこで重要になるのが、正しい客層の設定です。チラシの反響を大きく左右する部分になるため、「こういうお客様を集めたい」という明確なターゲット像が必要になります。

たとえば、ターゲットがサラリーマンの飲食店があるとします。

・少しずつ多くの種類が食べられます

・友だちとのシェアにピッタリ など

明らかにカップルやOLさんに響く内容を謳ってしまえば、サラリーマン層には見向きもされません。

・注文後すぐに出てきて、ササッとかき込める男飯!

・質よりも量を求める方に など

こちらの方が明らかに、ターゲット層には響きますよね?

今回はわかりやすくするために、極端な例です。が!

御社のチラシにも、実はズレが隠れていないのか?を一度、確認してみて下さい。

御社のチラシにも、実はズレが隠れていないのか?を一度、確認してみて下さい。

自分の会社にとってニーズのある客層は、どこにあるのか?

それを明確に設定できているのか?

できているのであれば、その層に響く「悩み」をピックアップして、共感を引き出せるチラシを作成しましょう。

共感を引き出せるチラシ

お問合せ/ご相談

その他印刷物も疑問点やご相談等
お気軽にお問い合わせください!

ご要望であればお電話一本で営業マンが駆けつけます。

06-6351-5428
FAX. 06-6351-5299
MAIL. info@aoba.co.jp
受付時間|9:00〜18:00(土日祝除く)
メール・FAXは24時間受付
いつでも御連絡ください!

お問合せフォーム

当社の個人情報の取り扱いについてに同意する

当社はお客様の個人情報保護・管理を適切に行っている企業として、プライバシーマークの使用許諾を受けています。
個人情報保護方針